イナズマイレブンGO

ストーリー

ストーリー

円堂守率いる雷門イレブンとともに、かつての敵やライバルたちによって結成された、
少年サッカー日本代表「イナズマジャパン」。
世界一を目指し「フットボールフロンティア・インターナショナル」に出場したイナズマジャパンは各国の強豪と激闘を繰り広げ、ついに世界の頂点に立った。

その輝かしい栄光から10年―――。

イナズマジャパンのFFI世界制覇によって、日本におけるサッカーの人気と地位は向上し、サッカーの強さがそのまま学校の社会的評価となるまでになっていた。
イナズマジャパンに多くの選手を輩出した雷門中は、サッカー名門校として全国にその名を轟かせるまでになった。

サッカーが大好きな少年、松風天馬は、夢にまで見た雷門中への入学を前に、期待に胸を膨らませていた。サッカー部を目指して雷門中の中を歩き回る天馬。ところが、天馬がそこで見たものは、たった一人相手にボロボロに打ちのめされたサッカー部員の姿だった!

その相手とは、サッカー管理組織「フィフスセクター」から送り込まれ、
雷門中サッカー部の廃部を目論む、剣城京介。
いまや全国のサッカーは「フィフスセクター」によって管理され、
学校はフィフスセクターの指示通りの試合を行わなければならなかった。
サッカー初心者ながらも、熱い想いを胸に秘めた天馬は、
剣城京介にたった一人立ち向かう。

聖帝と呼ばれる謎の男・イシドシュウジ率いる「フィフスセクター」
の管理されたサッカーによって、サッカーの楽しさを忘れてしまった
少年たち。
しかし、ひとり本気のサッカーで挑み続ける天馬の姿に、
周囲に変化が生じはじめる。
本当のサッカーを取り戻す天馬の戦いが、いま、はじまる!!